キャベツを食べて便秘解消

私は時々便秘になります。

そのため、便秘になった時は意識的にキャベツを食べるようにしています。

個人的な感想ですが、キャベツは生で食べたほうが効果はあるようです。

キャベツを食べる時は千切りにしてサラダとして食べています。

便秘の時はかなり大量に食べるようにしています。

それを2日ほど続けていると、徐々に便通が良くなっていきます。

キャベツは水分が多くて食物繊維が豊富です。

また、胃腸の働きを良くしてくれます。

便秘の時は腸の調子が良くなく、働きが鈍くなっています。

キャベツを食べることによって、腸の働きを活発にするので便通が良くなるのだと思います。

特に健康診断などで、検便が必要な時があります。

普段から快適なお通じがあれば心配はないのですが、私の場合は不規則なことが多く、必要な時に便通がないこともあります。

そこで、数日前からキャベツを食べて便通を良くするようにしています。

以前、同僚にもこの方法を勧めたところ、かなり効果があったようで良かったと思っています。

また、胃の調子が悪い時も便通に影響が出てしまいます。

キャベツは胃と腸の両方に良い効果があるようです。

今はキャベツの他にも、青汁を飲むようにしています。

青汁は青野菜で出来ているので、やはり腸の働きを良くしてくれるようです。

青汁を飲むようになってからは、不規則だったお通じがきちんとあるようになりました。

今ではキャベツと青汁はいつもストックしてあります。

普段からこれらを取り入れているので、以前ほど便秘などの胃腸の調子を崩すことが少なくなりました。善玉元気 評判